金魚警報 - サイトについて
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と怪異の一年間―西尾維新『暦物語』感想

ファイナルシーズン残り二冊を前にして突如刊行されました『暦物語』。
短編集という体でありながらこれまでのどの巻よりも分厚いというね。

暦物語 (講談社BOX)暦物語 (講談社BOX)
(2013/05)
西尾 維新

商品詳細を見る


一ヶ月につき一話という構成で語られる、阿良々木暦の怪異に纏わる一年間。
箸休め、閑話休題な一冊でありつつ、次作『終物語』へと続く前振りにもなっており、
「最初の頃と現在とが繋がっていないようにも思えてきたゆえ、改めて阿良々木暦達が過ごした一年を振り返り、繋がりを確認してみたかった」という後書きにもなるほどという感じがしました。
語り手は一冊通して阿良々木暦であり、またエピソード毎に一人のヒロインを配置するというギャルゲーよろしい形式、まさしく暦物語といった趣です。殆どのエピソードがミステリ形式の語り口になっているのですが、提示される謎が「怪異現象」にも見たない「日常レベルの不思議」で一貫しており、『それ町』のミステリ回を彷彿とさせます。それらが単なるミステリで終わらず、寓話の如き体で締める様が非常に心地良く、西尾先生本当にこういうの書かせるとうまいなぁと。そもそも京極堂シリーズのオマージュを短編連作でやってのけた『化物語』の面白さもこういうところにあったんだよね、と再確認させられたりもして。シリーズの長期化で見失われかけていた魅力を今一度見出すことのできる短編集。素晴らしい。

しかしそんなものはさておき、純粋にファンサービスに満ちた短編集であったと言えます。
長らくご無沙汰だった暦とガハラさんの軽妙なやり取りや、忍野メメの長広舌、在りし日の真宵や撫子との丁々発止の掛け合いなど、今後本編でどれだけ見られるかわからない貴重な場面がたくさん拝めるという点も今作の大きな魅力といえましょう。

メタ台詞もバトルもない、暦と怪異の一年間の物語。
本編への補完要素だけでなく、改めて物語シリーズの強固な世界観を強く印象付ける12編であり、
このタイミングでの刊行が非常に意味のあるものになっていると感じました。

『憑物語』では意外性の演出・意表をついた展開というのがまず在りきになっている感が正直ありまして、シリーズとしての一貫性・整合性が失われていくことに若干の危機感を覚えたりもしました。
だもんで今回、12の短編を通して、改めてシリーズに通底する軸を確認できたというのは、
くどいですが本当に良かったと思います。

化物語 PremiumアイテムBOX化物語 PremiumアイテムBOX
(2013/11/21)
不明

商品詳細を見る

だからどうということもないけど、扉絵のカレンダーで作中時間が2006年であることが明示されましたねぇ。
スポンサーサイト

終わりに向けて動き始める物語―西尾維新『憑物語』感想

序破急のにあたるエピソードといいますか、ファイナルシーズン三部作の始まりを、そして物語シリーズの終わりを高らかに宣言するかのような、そんな印象を強く受けました。
終わりの始まり、はじまりはじまり。

憑物語憑物語
(2012/09/27)
西尾 維新

商品詳細を見る

暦and月火inお風呂!もはや読者サービスなのかなんなのかわからなくなるぐらいにお約束とかした阿良々木兄妹の一線を越えつつ有る関係には様刻・夜月兄妹もびっくりです。そこで繰り広げられる益体のない会話の数々には「またかよ!」と「待ってました!」のダブルバインドに悩まされること請け合い。・・・なんか巻を重ねるに連れて彼らの「一線」のハードルがどんどん高く設定されて行ってるような気がしてなりませんw「一発芸・都条例」をpixivあたりで拝めることを期待しつつ・・・もとい黒ロンとかした月火さんの素敵イラストに期待したいところです。

本筋としては暦の吸血鬼化問題。元に戻る方法はない、と明言された以上、便利設定で済まされてきたこれまでのようには行かないわけで、今後は吸血鬼という特殊能力に頼ることなく問題解決に奔走しなければなりません。もはや自分一人の体ではないと自覚し自己犠牲の精神を改めつつ有る暦。大切な人達を守るのではなく、力を合わせて共に戦う。今後そういう局面を迎えるのかはわかりませんが、人間として怪異に立ち向かわざるをえなくなった暦の決意には非常に燃えます。セカンドシーズンではヒロインたちが自らの暗部と向き合い折り合いをつけるという“成長譚”の側面がありましたが、ファイナルシーズンでは主人公たる暦の成長が描かれていくこととなりそうですね。

そしてこのタイミングで新たな人物、手折正弦。ただでさえ登場人物の少ないシリーズ、しかも忍野や貝木、余弦といった専門家側の人間ということで非常に重要な立ち位置のキャラクターです。そんな重要人物がこうもあっさりと退場させられてしまうというのは中々に衝撃的でした。
シリーズにおける死者の少なさを思えばなおさらです。今回は余接の無感情をベースとした一挙一動に萌える小説(断定)でしたが、最後の最後で人殺しを働いたことで、彼女もまた怪異であるという認識を暦に、そして読者に植え付けることとなりました。よつぎドールの副題に恥じぬ役割を果たしてくれたと言えます。

最後に忍野扇。意味深な発言で物語を混乱させるだけだった彼女の真意も、ここに至って少しばかり見えてきました。「ちゃんとする」という言に人間は人間、怪異は怪異としての役割を重んじろという意味も孕んでいるとすれば『鬼物語』における一連の事件もまた彼女の手引きによるものなのかも知れません。物語の外側から舞台を操ろうと試みる様は、戯言シリーズで西東天がついに成し遂げることのできなかったことでもありますね。しかし作中でアニメがどうのこうのと散々メタな発言を繰り広げてきた代償というか、すでになんでもありになってきた感のあるシリーズではそれほど際立ったキャラクターに思えないのも事実です・・・w
彼女の言う「ちゃんとする」にはどこか変化を嫌うといったニュアンスが感じられます。
西尾作品の主人公達が最後にたどり着くのは「人の道を外れても日の下を歩いて良いんだ」という、異形異端の自分を受け入れてそれでも生きていくという肯定です。(『少女不十分』で主人公の口を借りる形で明言されてましたね。鵜呑みにするのもどうかと思いますが)それを思えば忍野扇は暦に限らず、西尾作品そのものに対する敵と言えなくもありません。余接がラスボスと形容しましたが、やはりそういうことなんでしょう。次巻「おうぎダーク」で踏み込んだお話が読めることを期待しております。ダークってやっぱりくらやみのことなのかな?

雑談からの事件、あっけない幕切れと解決しない問題の余韻、という一連の流れは物語シリーズの様式美ではありますが、無粋な言い方をすれば「置きに来た」かたちになるのが本作だと思います。しかし完結に向かい始めた物語の助走として非常に期待させられるものがあり、そしてその期待に答えてくれるだけの終着点を用意してくれているのだと強く感じました。西尾先生は戯言シリーズ最終作『ネコソギラジカル』について、ずっと思い描いていた終着点に向けて忠実に書いていくだけ、といった旨の発言をかつてしておられましたが、ファイナルシーズンに対してもそういった姿勢が有るのではないでしょうか。

完結した時、物語シリーズというネーミングが作品にとって象徴的な意味を持つような、
そんな終わり方を想像してしまうものです。


間人と人間のボーイミーツガール「アナグルモール」1巻感想

「うえきの法則」「タッコク!!!」の福地翼先生の新作「アナグルモール」1巻が発売されましたよー。
単行本で一気に読むとまた違った面白さが見えてきます。

アナグルモール 1 (少年サンデーコミックス)アナグルモール 1 (少年サンデーコミックス)
(2012/03/16)
福地 翼

商品詳細を見る


地下世界アナグランドから地上に放たれた“間人”ルチル。
ホームステイとして草薙家に拠点を構えたルチルの家族との交流、そして勘違いの日々が描かれてます。

 全体的にコメディな雰囲気が支配しつつもハートフルな出来事があったり能力バトルの趣もあって、なるほどいつもの福地先生の漫画だ!意図的なものか偶然か、キャラの等身が低かったり全体的に丸っこい絵柄になっていて、作風にぴったりハマってる気がします。

 スラップスティック勘違いコメディの面白さ。地上世界を征服するという壮大な目的を持つ間人。でもルチルは末端のスパイ。人間の弱点を見つけるという大義名分のもと行動しつつも、右も左もわからないルチルの一挙手一投足は馬鹿馬鹿しくも愛らしく、でもやっぱり馬鹿馬鹿しいです。風呂に潜入するとかラブコメかよ!

 アクの強いキャラ。千羽さん可愛い。2巻ではぜひ表紙に!女性キャラは少ないのですが、たった数コマの登場ながら強烈な印象を残したのり子さんとか伸びしろありまくりで今後の活躍が期待されます。福地先生の描く女の子って魅力的ですよね。男衆はギャグ要員(?)が輝いてます。じいちゃんとかストーカーとか。

 地下世界アナグランドの描写が面白い。「第七女子会彷徨」みたいな世界観です。鏡に手を入れてなんかゲル状の水みたいなのをみにょーんって取ったり、車もなんかゲル状だし。洞穴そのままの居住空間なのに小物が妙に近未来的で、どう見ても地上より文明が発展してますね。人類と戦争したらどういう結果を招くかは火を見るより明らか。そんな世界に住む間人が人間を恐れているという設定が滑稽で面白いんです。

 いつぞやも書いたけどルチルの勘違いが解けてからがこの作品の本番だと思ってます。また間人の存在も「のちに全人類が知ることとなる」とあるので、人間側と間人側の双方が向き合った時物語が大きく動くんじゃないかなぁと。地上の「人間」と地下の「間人」、その対称性はネーミングにも表れていて、関係はより際立ってる気がします。

 今本誌では非常に熱い展開をやってますけど、ルチルを支える行動原理の根幹を築いたのがこの1巻で描かれた草薙家との交流なのだと思うと、単なるコメディパートだと侮れません。唐突な展開に見えて実はちゃんとつながってるんですよね。と、そんなことを改めて思いました。

 現れた帽子の男は誰なのか、そしてアナグルモールとはなんなのか、待て次巻・・・!
続きが気になる人はそのままサンデー読者になってしまえばいいと思いますよ?
わざわざ未読の方に向けて感想書いてるのもそういう意図があったりなかったりですが、
「アナグルモール」大好きな作品です。
おすすめ。

「アナグルモール」第二間感想:草薙家の一族

な、なんか今週も書く感じです・・・はい。

福地翼先生新連載「アナグルモール」新連載って何話目まで名乗れるものなんでしょう

・第二間「ランキング」
というわけで2話目でございますよー。
この作品の話数表記は「第○間」で統一のようです。「人間」「間人」などこの作品を印象づける一文字なのでぴったりなのですが一発変換できないあたりがなかなか手ごわい(?)。“けん”で変換すればいいのか。

一話では草薙千羽さんと弟京介が登場し姉弟萌えな雰囲気が素晴らしかったのですが(間違った感想)、
今回は家族勢ぞろいのキャラ紹介回です。一話丸々使ってコメディにしてしまうあたりが福地先生の力技。
家族内の力関係を把握し序列化するという、やってることが飼い犬と一緒だぜ主人公・・・。

家族登場。
元気盛りな三男・草薙誠。扉絵では判然としませんでしたが男の子でした。
母・草薙十羽子。The お母さんイメージそのままなビジュアルです。
反抗期盛りの次男・京介。どうもお姉ちゃんには頭があがらないようで今週も殴られてます。
孫二人を躊躇なく殴る祖父・草薙誠十郎。腕っ節の強い爺さん、いいキャラしてます。見開きまで使っちゃってまぁ。

+長女草薙千羽さん。爺ちゃんに殴られてる時のゆるい表情は何なんだ!



ってな感じで一気に登場した草薙家の面々。姉に殴られ祖父にも殴られ京介がなかなかに哀れです。グレるのも仕方ない気がしないでもないですが、福地先生の作品においては一見不良っぽいやつは大体いいやつなので心配要りませんね!父と長男がいませんが後々出てくることでしょう。

そういえばルチルの能力名がさりげなく明かされました。「マジナグラム」・・・まじ殴らむ・・・やべぇこの漫画殴ってばかりだぜ。

ルチルの台詞では「マジン」ナレーションでは「間人」と表記を使い分けてるようですが意味が無いようであるようでやっぱりないような気がします。ルチルはキャラは濃いのにあまり目立ってない感じが主人公としてなんとも不遇ですが、この個性的かつ普遍的な草薙家でどう立ち振る舞っていくのか、勘違い系主人公ルチル君の活躍にご期待くださいといった感じの二話目でした。
というかこの勘違いがいつまで引っ張られるのかも気になるところです。

バトル化を熱望(心配?)する声が多い気がしますが当分はこういうホームコメディな感じで続いていくのかなと思います。
楽しげで賑やかでばかばかしい作品になるがいい!



◆サンデー他作品感想
・「神のみぞ知るセカイ」
微妙な表情の変化から伺えるあゆみんの心境を想像するに中々切ないです。

・「ムシブギョー」
直情径行の仁兵衛ですがああいう漫符の付いた絶妙な怒りの表情は珍しいと思いました。
「あ!?」って仁兵衛はそんなこと言わない><

・「月光条例」
藤木さんの妄想に一話使うなんて!

・「はじめてのあく」
オトコを見せたよ緑谷君!ユキ解け水流るるグリーンバレーに春は遠からじ。

ホームステイで異文化コミュニケーション!福地翼先生新連載「アナグルモール」感想

当ブログは少年サンデー感想ブログになります(挨拶(嘘

「タッコク!!!」連載終了から約半年ですね。
ツイッターでのつぶやきから新作製作中な雰囲気はバリバリありましたけど、こんなに早く帰ってきてくれるとは。
しかも四年ぶりの本誌!

ana.png
おかえりなさい福地翼先生!


タイトル「アナグルモール」
えーともうこれは各所であなる呼ばわりされる未来しか見えません。
並び替えると「あなる潜ーる」になったりともう色々最低ですね(私の頭が

表紙&巻頭カラー5ページで気合入ってますねーというかアナログ塗りじゃないですか!タッコク後期からデジタル塗りになってしまってちょっと寂しかったので嬉しいです。絵柄はうえき+あたりから随分丸みを帯びてきましたねぇ。


本編。
“マジン”ルチルはじめての人間界の巻。第一話は地上に出てきたルチルと人間草薙千羽さんのボーイミーツガールといったところです。千羽さん可愛い。どこか世間知らずで勘違いしやすい性格の主人公というのはうえきやタッコクでもそうでしたけど福地先生のお気に入りなんでしょうか。そして例に漏れず異世界人主人公ですが最初からその設定が明かされてる点が植木やカコちゃんとの違いですね。魔人ではなく地底と地上の間に住む存在「間人」というのが面白いネーミングです。相棒のバハムートは今のところマスコット以上の意味はありませんけどまぁあんまり可愛く無いですねw

ルチルが不良を倒すシーンはまんまタッコクのノリで何故か安心しました。
ああまたこの人の漫画が読めるんだなぁと思うと凄く嬉しく思った瞬間です。
人間=化物という認識を持っているルチルと、ルチルがマジンだと知らない千羽さん。多分様々なズレを生じさせながらもコメディを交えつつ上手く「地球の命運を掛けた共同生活」をやってくれると思います。今後はホームステイを経て家族の大切さを学び人間を守るために戦うといった展開になるような気がしました。何と戦うのかは知らん。
扉絵に未登場の両親と弟(妹?)も載ってたりとどうも「家族」がテーマになってる感じですね。

展開の意外性は一話の時点ではそれほどありません。舞台設定が明らかになり次回以降どういう方向性を打ち出していくのか楽しみです。タイトルも含め随所に織り込まれてる謎っぽい要素もこれから少しづつ明らかになっていくと思います。
「ホームステイ・アクション」と銘打っているのでバトル物だと思ってたのですが、Webサンデーのページでは「ホームステイ・アクションコメディー!!」と書かれているのでギャグパート多めの初期のタッコクのような雰囲気を帯びた作品になる可能性も。
といってもまぁそこは福地作品、パズル的な要素のトンデモ能力バトル展開に持っていくと信じております。

頭脳を駆使した戦略的なバトルとアホっぽさ全開の勘違いコメディの両側面を併せ持った素敵な漫画になってほしいと思いました。
期待してます!

◆サンデー他作品感想

・GAN☆KON
新太とイサナの武器が互いを結ぶ赤い糸で、思いの大きさで太さが変わるとか、挙句技名が「絆落とし」とかセンス溢れる設定が好きです。絆って字に糸偏入ってるのがポイントですな。

・はじめてのあく
連載開始以来ひたすらお色気要員入りを回避してきたユキさんついに堕つ!あの涙は演技に違いない、というかそうであって欲しいです。そういう強かさが彼女の持ち味。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。