金魚警報 - 2011年10月
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アナグルモール」第二間感想:草薙家の一族

な、なんか今週も書く感じです・・・はい。

福地翼先生新連載「アナグルモール」新連載って何話目まで名乗れるものなんでしょう

・第二間「ランキング」
というわけで2話目でございますよー。
この作品の話数表記は「第○間」で統一のようです。「人間」「間人」などこの作品を印象づける一文字なのでぴったりなのですが一発変換できないあたりがなかなか手ごわい(?)。“けん”で変換すればいいのか。

一話では草薙千羽さんと弟京介が登場し姉弟萌えな雰囲気が素晴らしかったのですが(間違った感想)、
今回は家族勢ぞろいのキャラ紹介回です。一話丸々使ってコメディにしてしまうあたりが福地先生の力技。
家族内の力関係を把握し序列化するという、やってることが飼い犬と一緒だぜ主人公・・・。

家族登場。
元気盛りな三男・草薙誠。扉絵では判然としませんでしたが男の子でした。
母・草薙十羽子。The お母さんイメージそのままなビジュアルです。
反抗期盛りの次男・京介。どうもお姉ちゃんには頭があがらないようで今週も殴られてます。
孫二人を躊躇なく殴る祖父・草薙誠十郎。腕っ節の強い爺さん、いいキャラしてます。見開きまで使っちゃってまぁ。

+長女草薙千羽さん。爺ちゃんに殴られてる時のゆるい表情は何なんだ!



ってな感じで一気に登場した草薙家の面々。姉に殴られ祖父にも殴られ京介がなかなかに哀れです。グレるのも仕方ない気がしないでもないですが、福地先生の作品においては一見不良っぽいやつは大体いいやつなので心配要りませんね!父と長男がいませんが後々出てくることでしょう。

そういえばルチルの能力名がさりげなく明かされました。「マジナグラム」・・・まじ殴らむ・・・やべぇこの漫画殴ってばかりだぜ。

ルチルの台詞では「マジン」ナレーションでは「間人」と表記を使い分けてるようですが意味が無いようであるようでやっぱりないような気がします。ルチルはキャラは濃いのにあまり目立ってない感じが主人公としてなんとも不遇ですが、この個性的かつ普遍的な草薙家でどう立ち振る舞っていくのか、勘違い系主人公ルチル君の活躍にご期待くださいといった感じの二話目でした。
というかこの勘違いがいつまで引っ張られるのかも気になるところです。

バトル化を熱望(心配?)する声が多い気がしますが当分はこういうホームコメディな感じで続いていくのかなと思います。
楽しげで賑やかでばかばかしい作品になるがいい!



◆サンデー他作品感想
・「神のみぞ知るセカイ」
微妙な表情の変化から伺えるあゆみんの心境を想像するに中々切ないです。

・「ムシブギョー」
直情径行の仁兵衛ですがああいう漫符の付いた絶妙な怒りの表情は珍しいと思いました。
「あ!?」って仁兵衛はそんなこと言わない><

・「月光条例」
藤木さんの妄想に一話使うなんて!

・「はじめてのあく」
オトコを見せたよ緑谷君!ユキ解け水流るるグリーンバレーに春は遠からじ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。