金魚警報 - 2011年12月
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語を超えてCATCH&THROW!とよ田みのる先生サンデー降臨

なんだかお久しぶりでございますな感じのサンデー感想。
今週から新年号になるんですねー。


・「CATCH&THROW」
「ディスク」で通じ合う少年少女の心温まる交流譚でした。フリスビーは商品名なんですってねー知らんかった。
コミニュケーションにおいてキャッチしないナゲルと一方的なスローを続けるキャシー。
断片的にしか互いの言葉を理解出来ない対照的な二人が別れ際に成し遂げるCATCH&THROWはとても気持ち良いですね。
スポーツを通じて言語の壁を超える展開は王道ながら、しっかりマイナースポーツの面白さ・奥深さも描かれていて非常に完成度の高い作品だなぁと思いました。

恥ずかしながらとよ田みのる先生の作品でまともに読んだことがあるのは以前ゲッサンに掲載された読み切りぐらいでした。
そのゲッサンで新連載を始められるとのことなのでそちらも期待しています。雑誌の色にとらわれずのびのびと描いて欲しいですね。


・「アナグルモール」
アナグルモールは間人界のワードだと思ってたのですが、どうもルチルも知らないようで。
間人界やその住人、マジナグラムの詳細が明らかになり、京介や家族にもなにやら秘密があるようで、謎の人物も現れ・・・感想をすっぽかしてたここ2、3話の間に随分と本筋が動いてきた感じです。さぁ面白くなってきた!
バハムートがしゃべりだすのは予想してましたが、思えば今のところ何もしてないぞあやつ。


・「はじめてのあく」
青春生き残りゲーム真っ最中な彼ら彼女らの一挙一動に2828させられっぱなしです。
チャイナドレス?姿の黒澤さんが凄く可愛いのですが、もはや彼女から正義の要素が全く感じられませんw
キョーコさんの嫉妬も何度目だよ!と思わなくもありませんが、自覚してるあたり確実に前進しています。
体育祭で男を見せた緑谷はやっぱり緑谷でした。尿意に気付けるかどうかがジローとの決定的な戦力差。

・「神のみ」
これまでの展開が展開なだけにエルシィの癒しキャラっぷりが目立ちます。
修羅場を終え小休止といった感じの回ですが、こういう歴史を探っていくミステリー風味な展開いいですねぇ。
明確に時代設定がなされていない現代劇で明治とか昭和とか具体的な元号が出てくるのは不思議な感じ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。