金魚警報 - 浅野いにお「うみべの女の子」1巻 感想
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅野いにお「うみべの女の子」1巻 感想

ネットで感想を巡っているとびっくりするぐらい好き嫌いが分かれてるのが印象的な浅野いにお先生。私も好きと言える作品とちょっとこれは・・・となる作品があって、基本作者単位で好きになる自分としては不思議な感覚だったりします。

多感な時期に出会った「素晴らしい世界」「ソラニン」に感銘を受けたし、
全然理解できなかったけど「虹が原ホログラフ」は分からないなりに何かすごい漫画だと感じたし、
短篇集を読んでああ結局この人はいくつかのパターンを使い回してるだけなんじゃないのかと残念な気持ちになったり、
そう思ったらもう素直に「おやすみプンプン」は読めなかったり・・・

読むたびに何か気持ちを揺さぶられてるのは確かです。

BUMP OF CHICKENとかRADWIMPSを熱烈に信奉するあの感覚に近いものがありますね。
しかしなんだかんだですべての作品が未だに本棚に鎮座しているあたりやっぱりそういう思いを含めて結局好きなんだと思います。だから新作と聞いて少し胸が躍るこの気持ちも嘘じゃない。

うみべの女の子 1 (F×COMICS)うみべの女の子 1 (F×COMICS)
(2011/03/17)
浅野 いにお

商品詳細を見る


うーむ予想通りのどろどろ具合であった。夢も希望もありゃしない。
男に犯され傷心の佐藤さんと彼女に好意を向ける磯辺君の恋愛模様が過剰な生々しさを伴って描写されてます。恋愛と言っても二人は付き合ってるわけでもなく、そもそも佐藤さんは磯辺君を好きではないし、それなのにひたすらに体を重ねて・・・とここまで書くとなんか深夜帯のドラマにありそうなベタな筋書きですがそれを中学生でやっちゃうあたりさすがいにお先生ですね。
決してラブコメのようなぬるい展開ではないけど、徐々に磯辺君を意識し始める佐藤さんと対照的に佐藤さんに対する興味を失っていく磯辺君の様子が悲しい。タイトルにもなってる「うみべの女の子」が二人の関係に亀裂を入れるというのはなんとも皮肉な話です。

ラスト、佐藤さんに想いを寄せる野球部の鹿島君が磯辺君をぼっこぼこにしてやんよとばかりに殴りました。
どこか人を見下してるような性格の磯辺君は読んでる私もちょっと好きになれなかったので正直すっきりする展開でした(笑)
そりゃあ幼なじみの女の子の悪口をあれだけ言われたら怒るってもんでしょう。鹿島君の言い分を全面的に支持します。
で、そんな波乱の展開の末あの終わり方ですよ。
あれどう見ても鹿島君死・・・不吉な展開しか予想できませんが続きが気になります。

登場人物の年齢不相応な、どこか人生を達観したかのような雰囲気が好き嫌いの分かれ目になるかなーといったところ。
まぁ中学生だからこその虚勢だと捉えることも出来ますが、それにしてもみんな考え方が老成してるなぁ。

読んでいて痛みを伴うのはすべてのいにお作品に共通することなのでもうこればっかりは仕方ないです。
可愛い装丁だなぁと軽い気持ちで手を出すと痛い目を見るので注意!暗いよ!

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。