金魚警報 - 女の子×女の子 はっとりみつる「コンチェルト」
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子×女の子 はっとりみつる「コンチェルト」

「ケンコー全裸系水泳部ウミショー」「さんかれあ」のはっとり先生の短編連作です。
なんかもうゆりんゆりんしてた。

コンチェルト (ジェッツコミックス)コンチェルト (ジェッツコミックス)
(2011/07/29)
はっとりみつる

商品詳細を見る


女の子同士がいちゃいちゃするお話が5篇収録。同じ学校が舞台とのことですが毎回違った部活・カップルにスポットが当てられます。いわゆる百合漫画になるのでしょうか。この手のジャンルを読むのは初めてなので新鮮でした。
「ネコ」の意味がわからなくてつい調べてしまった自分を誰が責められよう。

描写される“いちゃいちゃ”はせいぜいキスまでで、最果てまで行く話もありますが(というか全部か)体を重ねる様子は直接描写されてないので、その辺がエロ漫画との境界なんだなぁとよくわからん感想を抱きました。

中でも先生とメガネっ娘のお話が好き。受け攻めが逆転するさまは見ていて楽しいですねぇ(何かに目覚めた模様)
はっとり先生の描くあどけなくも妖艶な女の子の微笑の表情は素晴らしいです。

百合という完全女の子空間に視線を向けてるのが私(男)というこの構図には若干の背徳感があって、百合漫画の楽しみ方はそういうところにもあるんじゃないかしらと思いました。ラブコメに対するそれとは違うにやにや感が心地良いです。まぁ当の女の子達は皆一様に同性の壁にぶつかって悩んだりしてるわけですが・・・。そういった苦悩を愛の力で乗り越える様からは、ガガ様を筆頭に世界中で高まるバイセクシャルの機運に乗じた圧倒的な訴求力を感じました?(行き過ぎた感想)

百合百合言ってますがこれまでのはっとり先生の諸作品同様気楽に読めるのでウミショーとか好きな方は読んでみて損はないんじゃないかと。

コンチェルト(concerto)はイタリア語で、「意志を合わせること」から転じて「同意」byウィキペディアさん

同意のもと性を越えた関係を築く少女たちの奏でる5つの協奏曲コンチェルトをお聴きあれ。

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。