金魚警報 - 13年の集大成「かってに改蔵 かってに研究しやがれBOOK完全版」
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13年の集大成「かってに改蔵 かってに研究しやがれBOOK完全版」

あれから、もうななねん。
いっさつふえて、おまけもじゅうじつ。
かえってきたよ、かいぞう。―裏表紙より


2004年に発売された改蔵ファンブック「かってに研究しやがれBOOK」の完全版が出ました。
04年版ではなかった24~26巻までの元ネタ解析を収録した追補版がセットとなってます。
最終巻まで網羅したファンブック出せよ!って声は前々からありましたけどまさか本当に出るなんて。
新装版に新作にドラマCDにアニメにファンブック再販と今年の久米田先生界隈は恵まれすぎてて怖い。でも嬉しい・・・!

かってに改蔵公式ファンブック かってに研究しやがれBOOK 完全版セット (コミックス単行本)かってに改蔵公式ファンブック かってに研究しやがれBOOK 完全版セット (コミックス単行本)
(2011/08/18)
少年サンデーかってに製作委員会

商品詳細を見る

というわけで感想というか簡単なレビューをば。
描き下ろしイラストを纏う外箱に旧版と追補版が同梱されてます。

表紙あざとい!
分冊して出してくれたらいいのに小学館まじきたない・・・なんて想いは描き下ろし表紙を前に雲散霧消です。
裏表紙には水着が眩しい亜留美ちゃんと山田さん、そして「不安」「今更」「便乗」などの文字を前に絶望している久米田先生。
上には「やきなおし」ののぼりもあって、再販に対する先生の心情を雄弁に語っております。

内容は元ネタ解析に始まり武富士ガールズのグラビアがあったり貴重なカラーページにちくわカレーの写真乗せたりと変わらぬカオスっぷりです。04年版との大きな違いは特に無いと思われますがそういう解析はにょんたかねっとさんあたりがやってくれると思うのでお任せしましょう(酷

んでメインの追補版。表紙の仕掛けに気付いて不覚にも感動してしまいました。旧版の表紙と対になってるんですよね。

旧版は左のように物騒な武器を持つ羽美ちゃんと寄り添う改蔵の絵。
追補版も同じ構図だけど二人は病衣姿で、改蔵は羽美ちゃんの肩を抱きもう片方の手で手を繋いでます。そして羽美ちゃんの右手には点滴。暴走する羽美ちゃんを改蔵が抑え込んでる絵と、手を取り寄り添う二人の絵。最終話での“救済”を経た二人の在り方を象徴する素敵な一枚だと思います。
最終話を経て再び相まみえることとなった読者に対するこの上ないサービスと言えましょう。
往時を留める塗り方を再現しつつもかつてと趣を異にする絵柄に七年という時間の経過を感じます。


内容は24~26巻の元ネタ解析がメインのようですがまぁ正直そっちは建前みたいなもので、実際の目玉は久米田先生のインタビューとマガジンに掲載された新作の掲載でしょう。
インタビューはなぜか引越しとか部屋の間取りとか不動産の話が紙幅を占め(なんでだ)後半でようやく新装版やアニメ化に際しての心境や最終話の裏話など。アニメ誌などのインタビューで既出の話題が多い中、再び改蔵を描く可能性が0ではないというポジティブな発言が飛び出したりしてるので読み応えはあります。

そして予想外にも不動産の話題からそれにまつわる描き下ろし漫画2ページが掲載。
一連の「改蔵」関連の出版物はこれが最後だと思うのでおそらくこの2ページが最後の「かってに改蔵」になるかもしれません。
そう思うと感慨深いものがありますが、上記のようなポジティブ発言もあるのであなどれません(?)ね。

サンマガスワッピング企画でマガジンに掲載された改蔵新作読み切りも収録。このために買うって人も多いかも?
内容は雑誌掲載時と大きな違いは無いと思われますがその辺の解析はにょんたかねっとさんが略
ちなみにこの読み切りの元ネタ解析もばっちり収録されてます。
残念ながらカラー扉ページはモノクロになってしまっているので掲載時のマガジンを捨てるのは早計。

あとは旧版で実施された作者Q&Aのリターンズとして、かつてと同じ質問を改めてするという企画も。
最近の久米田先生には珍しく?ネガティブな発言の数々が飛び出していてそこはかとない懐かしさを感じました。
万乗パンツって単語も随分と久しぶりに聞いた気がします。

最後に改蔵連載時のサンデー誌上における巻末コメントが全掲載されています。
おそらく「久米田先生の巻末コメントが面白かった」という旨のあだち充先生の発言をを受けての掲載だと思われます。
ファン向けの書籍なだけにこういうマニアックな読み物は嬉しいですね。


といった感じの一冊になってます。
どこまで魅力が伝わったか怪しいですがファンブックとしての出来はかなりのものだと思います。
コアな読者が求めてるものはある程度網羅されてるといった感じですね。とても楽しめました。

絶望先生からのポロロッカ組もこれを抑えておけば大丈夫だ!

しょげても、めげても
かえってくるところはあるからね。
せつなくなったら、かいぞう。―追補版裏表紙より


スポンサーサイト
勇気の一冊

単行本は絶望先生が先で、改蔵の方は「劇場版ヤッターマン」の頃知りました。さて、新装版の改蔵を買い揃え冷めた頃にファンブックが登場。大きいし二千円と高いけど、思いきって買いました。エロや下ネタは少なくがっかりだけど、最終話のいきさつは読む価値あり。

今になって裏話が聞けたのは貴重ですよねー。
下ネタなら久米田先生の前作「行け!南国アイスホッケー部」を押さえればばっちりかと!


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。