金魚警報 - これからの「悪」の話をしよう―サンデー24号感想
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの「悪」の話をしよう―サンデー24号感想

巻末コメントの形式また元に戻ったんですね。な、なんだったんだ・・・。

・はじめてのあく
キョーコさんの痛々しい姿なんて見たくなかったよ・・・という鬱々とした感想に終始した先週を考えると、あまり禍根を残さないであろうところに上手く着地してくれたのは非常に嬉しいです。先週の引きが引きだっただけに若干の・・・いや、あの正直かなりの拍子抜け感があったのですけど、ああこの全てを茶番にしてしまうゆるさがこの作品らしさなんですよねと再確認した次第です。ともすればこれまで築きあげてきたはじあくワールドの一線を超えかねない展開を迎えていたかもしれないと思うと、やっぱりこれで正解なんだと思います。まぁなんだ、とりあえずキョーコさんが無事で何よりということで。ジローは親父を殴っていい。
いやはやしかしジローが内に抱える「悪」を自覚するという非常に有意義なエピソードではありました。
ゆえに『はじめての「悪」』
素晴らしいサブタイトルだと思います。
ジローが初めて相対する本物の悪=親父というミスリードでもありますねー。
終盤でタイトルの意味が判明する作品は名作!

ただまぁ本当に勿体無いと思うのはなんでこれほどの大きなイベントを終盤にしかも駆け足でやってしまうんだというね・・・!
ネビロス編ぐらいの長尺とって少しづつ掘り下げていったらもう少し印象も変わってたのかなぁとか。ジローとキョーコの関係が進展したとも言えるだしその関係の変化を今後のエピソードで描いて行って欲しかったなぁとか思ってしまいます。週刊で読んでる分3週間妄想の余地があったわけですが、単行本だといきなり親父来てキョーコ刺されて何これシリアスやべぇとか思ってるうちに演技でした☆なんだから「お、おう・・・」という感じになりそうですw

泣いても笑ってもあと一話。
心の底からこの作品にありがとうと言えるそんな最終回だったら、それはとってもうれしいなって。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。