金魚警報 - 終わりに向けて動き始める物語―西尾維新『憑物語』感想
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりに向けて動き始める物語―西尾維新『憑物語』感想

序破急のにあたるエピソードといいますか、ファイナルシーズン三部作の始まりを、そして物語シリーズの終わりを高らかに宣言するかのような、そんな印象を強く受けました。
終わりの始まり、はじまりはじまり。

憑物語憑物語
(2012/09/27)
西尾 維新

商品詳細を見る

暦and月火inお風呂!もはや読者サービスなのかなんなのかわからなくなるぐらいにお約束とかした阿良々木兄妹の一線を越えつつ有る関係には様刻・夜月兄妹もびっくりです。そこで繰り広げられる益体のない会話の数々には「またかよ!」と「待ってました!」のダブルバインドに悩まされること請け合い。・・・なんか巻を重ねるに連れて彼らの「一線」のハードルがどんどん高く設定されて行ってるような気がしてなりませんw「一発芸・都条例」をpixivあたりで拝めることを期待しつつ・・・もとい黒ロンとかした月火さんの素敵イラストに期待したいところです。

本筋としては暦の吸血鬼化問題。元に戻る方法はない、と明言された以上、便利設定で済まされてきたこれまでのようには行かないわけで、今後は吸血鬼という特殊能力に頼ることなく問題解決に奔走しなければなりません。もはや自分一人の体ではないと自覚し自己犠牲の精神を改めつつ有る暦。大切な人達を守るのではなく、力を合わせて共に戦う。今後そういう局面を迎えるのかはわかりませんが、人間として怪異に立ち向かわざるをえなくなった暦の決意には非常に燃えます。セカンドシーズンではヒロインたちが自らの暗部と向き合い折り合いをつけるという“成長譚”の側面がありましたが、ファイナルシーズンでは主人公たる暦の成長が描かれていくこととなりそうですね。

そしてこのタイミングで新たな人物、手折正弦。ただでさえ登場人物の少ないシリーズ、しかも忍野や貝木、余弦といった専門家側の人間ということで非常に重要な立ち位置のキャラクターです。そんな重要人物がこうもあっさりと退場させられてしまうというのは中々に衝撃的でした。
シリーズにおける死者の少なさを思えばなおさらです。今回は余接の無感情をベースとした一挙一動に萌える小説(断定)でしたが、最後の最後で人殺しを働いたことで、彼女もまた怪異であるという認識を暦に、そして読者に植え付けることとなりました。よつぎドールの副題に恥じぬ役割を果たしてくれたと言えます。

最後に忍野扇。意味深な発言で物語を混乱させるだけだった彼女の真意も、ここに至って少しばかり見えてきました。「ちゃんとする」という言に人間は人間、怪異は怪異としての役割を重んじろという意味も孕んでいるとすれば『鬼物語』における一連の事件もまた彼女の手引きによるものなのかも知れません。物語の外側から舞台を操ろうと試みる様は、戯言シリーズで西東天がついに成し遂げることのできなかったことでもありますね。しかし作中でアニメがどうのこうのと散々メタな発言を繰り広げてきた代償というか、すでになんでもありになってきた感のあるシリーズではそれほど際立ったキャラクターに思えないのも事実です・・・w
彼女の言う「ちゃんとする」にはどこか変化を嫌うといったニュアンスが感じられます。
西尾作品の主人公達が最後にたどり着くのは「人の道を外れても日の下を歩いて良いんだ」という、異形異端の自分を受け入れてそれでも生きていくという肯定です。(『少女不十分』で主人公の口を借りる形で明言されてましたね。鵜呑みにするのもどうかと思いますが)それを思えば忍野扇は暦に限らず、西尾作品そのものに対する敵と言えなくもありません。余接がラスボスと形容しましたが、やはりそういうことなんでしょう。次巻「おうぎダーク」で踏み込んだお話が読めることを期待しております。ダークってやっぱりくらやみのことなのかな?

雑談からの事件、あっけない幕切れと解決しない問題の余韻、という一連の流れは物語シリーズの様式美ではありますが、無粋な言い方をすれば「置きに来た」かたちになるのが本作だと思います。しかし完結に向かい始めた物語の助走として非常に期待させられるものがあり、そしてその期待に答えてくれるだけの終着点を用意してくれているのだと強く感じました。西尾先生は戯言シリーズ最終作『ネコソギラジカル』について、ずっと思い描いていた終着点に向けて忠実に書いていくだけ、といった旨の発言をかつてしておられましたが、ファイナルシーズンに対してもそういった姿勢が有るのではないでしょうか。

完結した時、物語シリーズというネーミングが作品にとって象徴的な意味を持つような、
そんな終わり方を想像してしまうものです。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

序破急の序にあたるエピソードといいますか、ファイナルシーズン三部作の始まりを、そして物語シリーズの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。