金魚警報 - 僕と怪異の一年間―西尾維新『暦物語』感想
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と怪異の一年間―西尾維新『暦物語』感想

ファイナルシーズン残り二冊を前にして突如刊行されました『暦物語』。
短編集という体でありながらこれまでのどの巻よりも分厚いというね。

暦物語 (講談社BOX)暦物語 (講談社BOX)
(2013/05)
西尾 維新

商品詳細を見る


一ヶ月につき一話という構成で語られる、阿良々木暦の怪異に纏わる一年間。
箸休め、閑話休題な一冊でありつつ、次作『終物語』へと続く前振りにもなっており、
「最初の頃と現在とが繋がっていないようにも思えてきたゆえ、改めて阿良々木暦達が過ごした一年を振り返り、繋がりを確認してみたかった」という後書きにもなるほどという感じがしました。
語り手は一冊通して阿良々木暦であり、またエピソード毎に一人のヒロインを配置するというギャルゲーよろしい形式、まさしく暦物語といった趣です。殆どのエピソードがミステリ形式の語り口になっているのですが、提示される謎が「怪異現象」にも見たない「日常レベルの不思議」で一貫しており、『それ町』のミステリ回を彷彿とさせます。それらが単なるミステリで終わらず、寓話の如き体で締める様が非常に心地良く、西尾先生本当にこういうの書かせるとうまいなぁと。そもそも京極堂シリーズのオマージュを短編連作でやってのけた『化物語』の面白さもこういうところにあったんだよね、と再確認させられたりもして。シリーズの長期化で見失われかけていた魅力を今一度見出すことのできる短編集。素晴らしい。

しかしそんなものはさておき、純粋にファンサービスに満ちた短編集であったと言えます。
長らくご無沙汰だった暦とガハラさんの軽妙なやり取りや、忍野メメの長広舌、在りし日の真宵や撫子との丁々発止の掛け合いなど、今後本編でどれだけ見られるかわからない貴重な場面がたくさん拝めるという点も今作の大きな魅力といえましょう。

メタ台詞もバトルもない、暦と怪異の一年間の物語。
本編への補完要素だけでなく、改めて物語シリーズの強固な世界観を強く印象付ける12編であり、
このタイミングでの刊行が非常に意味のあるものになっていると感じました。

『憑物語』では意外性の演出・意表をついた展開というのがまず在りきになっている感が正直ありまして、シリーズとしての一貫性・整合性が失われていくことに若干の危機感を覚えたりもしました。
だもんで今回、12の短編を通して、改めてシリーズに通底する軸を確認できたというのは、
くどいですが本当に良かったと思います。

化物語 PremiumアイテムBOX化物語 PremiumアイテムBOX
(2013/11/21)
不明

商品詳細を見る

だからどうということもないけど、扉絵のカレンダーで作中時間が2006年であることが明示されましたねぇ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。