金魚警報 - 『かみちゅ!』『タビと道づれ』―尾道に行ってきたよ
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かみちゅ!』『タビと道づれ』―尾道に行ってきたよ

広島県尾道市に行って参りました。
海と坂と猫と階段の町。

尾道全景

尾道といえば『かみちゅ!』『タビと道づれ』の舞台でございまして。

路地萌え人間なので、純粋に住宅がひしめき合う町並みだけでも十分楽しめるのですが、せっかくのこの機会、生かさない手はない・・・!ということで、ささやかながら舞台探訪と洒落込みました。


・『かみちゅ!』舞台探訪

突き抜けた 青い空 さぁ出かけよう。

まず探しやすさと聖地度(?)からいって、まずはやはりここでしょう。
DSC_0263-4.jpg
ゆりえ達が通っていた石浜中学校・・・の、モデルとなった土堂小学校。
尾道駅と千光寺のある小高い山の中間地点に位置しており、撮影ポイントに恵まれていました。
アニメだと学校のすぐそばに海が広がっているような印象がありましたが、
実際は少し距離があるようで。
夏休みということで、校庭で遊ぶ数人以外に子供の姿はなく。

屋上
二宮くんはいません。


正面に回る。
学校までの道
このなが~い階段を昇って行くと

学校の階段遠影
なにやら見覚えのある佇まい

学校の階段近影
正門に続く階段がお目見え。
台風の中ゆりえが息を切らして登っていたあの。

登って行ってもよかったのですが、不審者認定を受けるのは御免被りたく。


続いて御袖天満宮。『かみちゅ!』の最大の聖地といえばずばりここですね。

御袖天満宮へ続く階段
OPの冒頭のあの階段です。ここを登れば来福神社!

b.jpg
これが来福神社のモデルとなった社・・・ではなく、社のモデルは別にあります(後述)
境内のモデルがこの御袖天満宮です。


f.jpg

h.jpg
祀ちゃんはいません。


絵馬に同好の方々の姿が窺え、先人に思いを馳せる。
『かみちゅ!』の直接的な痕跡を見られたのは唯一だけここだったので感慨もひとしお。
c.jpgd.jpg
e.jpgなぜかことごとく写真がぶれまくりで。これもゆりえ様の成せる技か。


境内から階段を臨む。これ、漫画版1巻の表紙絵なんですね。
g.jpg
kamichu10.jpg
おお、想像以上にうまく撮れてた。


続いて海側へ。

福本渡船尾道側のりば舟
DSC_0292-3.jpgDSC_0301-2.jpg

神様御用達の看板がそびえる日の出渡船・・・のモデル、福本渡船。
通勤通学で利用する人が多く見られ、自転車で乗船する女子中学生もいました。


DSC_0293-2.jpg
作中で主に登場するのはこちらの向島側乗り場ですね。


続いては土堂突堤。
DSC_0282-2.jpg01 (2)
02.jpg03.jpg

ベンチに座る三人娘の姿が幻視されます。
住民の憩いの場になっているのか、
学生からおばちゃんまで幅広い年代の方のしゃべり場になってました。

04.jpg
突堤から臨む尾道水道の景色がまた素晴らしいです。


時間の都合で『かみちゅ!』舞台探訪はここまで。
作品世界に入り込んだような、というと少し違うのですが、
あのシーンのあの場所にいるのかぁ・・・と不思議な感覚に包まれました。


おまけのお約束。

05.jpg06.jpg
ソーダ味のアイスキャンディー ギラギラなお日様の下はんぶんこ!



・『タビと道づれ』舞台探訪

『かみちゅ!』分ですでに画像増し増し状態で重くなりそうな予感ですが、このまま『タビと道づれ』に続きます。こちらは『かみちゅ!』に比べて舞台探訪の先例が少なく、また探しにくい場所が多いため、数箇所周るだけでも骨が折れました・・・。

駅
尾道駅の北側出口。タビとユキタ君、ニシムラさんが出会った始まりの場所。
『タビと道づれ』では尾道の風物をそのまま描写せず、
ややアレンジを加えて描かれている箇所が多いです。


坂と階段を登る登る。
002.jpg
一巻表紙の背景になってる場所がここですね。

タビと道づれ 1 (BLADE COMICS)タビと道づれ 1 (BLADE COMICS)
(2007/04/10)
たな かのか

商品詳細を見る

裏表紙を見てみるとわかりやすいと思います。


続いて艮(うしとら)神社。

003.jpg005.jpg

ユキタ君とツキコさんが雨宿りした神社であり、航ちゃんとクロネ君が接触した場所でもある。
(・・・と思うけど同行した友人に単行本を貸しているので確認できず)

ちなみに『かみちゅ!』の来福神社の社がこれなんですね。
境内は御袖天満宮、社は艮神社がモデルとなっております。

004.jpg
この大きな楠も登場してました。


単行本表紙探しに戻る。

何気なく歩いていて偶然見つけたのがこの4巻表紙の場所。
006.jpg
タビと道づれ 4 (BLADE COMICS)タビと道づれ 4 (BLADE COMICS)
(2008/10/10)
たな かのか

商品詳細を見る

左端の鳥居がポイント。

表紙だと何やら妖艶な雰囲気を醸し出している鳥居ですが、長らく人が立ち入っていないようで、
007.jpg
かなり寂しい感じでした。ちょっと入るのが躊躇われるぐらいに群生する緑が鮮やかで。


最後は2巻表紙。
先程紹介した福本渡船の向島側の乗り場がそのまま表紙になってるんですね。

008.jpg
タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
(2007/10/10)
たな かのか

商品詳細を見る

こちらはわかりやすいですね。マンションが台無しですが。
表紙の桟(?)の色が赤ですが、これは尾道側の乗り場をモデルにしたものと思われます。



ということで、ささやかな舞台探訪でした。
一橋家のモデルとなった民家を見られなかったのが心残りですが、とても楽しい道中でした。



かみちゅ! Blu-ray BOXかみちゅ! Blu-ray BOX
(2010/06/02)
MAKO、森永 理科 他

商品詳細を見る

またアニメ観返したくなるなぁ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。