金魚警報 - 侵略!メカ娘:『僕に恋するメカニカル』1巻感想
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵略!メカ娘:『僕に恋するメカニカル』1巻感想

僕に恋するメカニカル (1) (カドカワコミックス・エース)僕に恋するメカニカル (1) (カドカワコミックス・エース)
(2013/11/01)
渡会 けいじ

商品詳細を見る

昨年「O/A」を完結させた渡会けいじ先生の新作。

大学生・新城毎太のもとにやってきたのは未来から来た少女と少女と少女・・・タイトル通りメカ娘がばんばん登場します。人類とコンピュータの戦争が勃発する世界から来た彼女たちはそれぞれの思惑を持って毎太に迫ってくるわけですが、結果として女の子に押し倒されたり同居したりデートしたり、パンツ見たり裸見たりとまぁ緊迫感のある設定と裏腹にけしからんことになっとるわけで、今作もまた安心の渡会けいじ作品となっております。リア充爆発しろな日々を送っていた毎太が、罠とわかっていてもされるがままに押し倒される様がとても欲望に素直で大変よろしい。サンデーで連載していた『正しいコドモの作り方』がわりと似た設定の作品でしたが、女の子に迫られるのが嬉しいからと受け入れてしまう危うさを見せているのがとてもおもしろいと思いました。毎太に女の子慣れさせようと偽装デートをすることになったインテグラさんもまた男に慣れてなかったという流れがとても美味しく、この二人のラブコメとしてもまた楽しめるのではないでしょうか。今後もシリアスな設定とのバランスを上手く取りながらラブコメっぷりを存分に披露してくれることに期待しております。「O/A」で輝いていた下ネタ要素は今のところそれほど見られませんが、お約束を押さえまくったお色気イベントは多発しており、可愛い女の子目的で読んで損はないですね。それにしてもインテグラさんは上目遣いからアルカイックスマイルまで全力で失敗しているので藤女生徒会の恋愛研究に参加すれば良いと思いました(これが言いたかっただけかもしれない)

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。