金魚警報 - コミックマーケット86行ってきたよ&戦利品感想少々
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックマーケット86行ってきたよ&戦利品感想少々

C86、三日間おつかれさまでした。またひとつ夏が終わる。

・一昨年は三日目のみ、昨年は初日と二日目のみの参戦でしたが、今回は三日間とも参戦することが出来ました。ちなみに冬は未だ参戦叶わず。

・三日間ともわりと風が吹いていて、昨年の灼熱地獄を思えば非常に過ごしやすい環境だった気がします。買い過ぎた水分はうちの冷蔵庫に眠っております。

・入場待機列に並ぶの何気に初めてでした。
何をするでもなくひたすらに待ち、開場の一体感に高まり、入場時の臨戦態勢に切り替えていく空気、嫌いじゃない。

・初日は目当てのサークルが少なく、アニプレブースで物語グッズ確保→軍艦島で依頼された品々のお買い物→最後に東西回って早めに離脱という流れ。あぽかり様の既刊まりか本買えなかったのが心残り。

DSC_0859-3.jpg
思い出したかのように帰り際に撮影した初日唯一の写真

・二日目は昼過ぎからの入場でした。
ハレンチトースト様の河合荘本、0.04様のげんしけん斑目×笹妹本が落ちていて落ち込む。スタジオFOX様の物語既刊まとめ本がとてもありがたかった。機を見てぽにきゃんブースに突撃、河合荘グッズを確保する。初日に購入した花物語Tシャツを見につけつつ宣伝紙袋を持ち歩くという、図らずも体を張った宣伝を試みる結果となりましたが、肝心の放送はリアルタイム視聴叶わずなのでありました。あとで観る。

DSC_0860-2.jpg
コスプレブースの賑わいを西館より眺める。

・三日目も初日とほぼ同じ時間に到着するも、やはり列の長さが段違いでした。
入場後も東の混み具合は凄まじく、己が目標へ向かわんとする人の群れが作り出す無秩序空間はいつ事故が起こってもおかしくない状況でひやひや。視界も悪いので、願わくば島壁サークルはでかでかと配置を書いていただければ、と今年も同じ感想を。初動で完売間際のクール教第三支部様に滑り込んだり、sol-fa-soft様で並んでた人々が自主的に列形成を行う手際の良さに感動したり、わたがし様のごちうさ本をスルーし既刊ニセコイ本のみを注文して驚かれたり、SIX-WHEELER様の恋愛ラボ本が著者の体調不良での未入稿で絶望したり、五月雨斬り様で小森さん本珍しいっすねぇみたいな絡み方したり、スタジオN.BALL様今回は物語次回予告イラスト集無いのかと思いつつみうらママ本に反応せざるを得なかったりで、初日二日目に比べてお目当ての品を無事入手できたように思います。

DSC_0861.jpg
毎年撮ってる逆三角形は今年も変わらぬ存在感。



続きまして、同人誌の感想は積極的に書いたほうがいいよ的な風潮(?)なので戦利品雑感を四作品ほど。

DSC_0868-2.jpg

くりっくSHU様「恋愛ラ本」
『恋愛ラボ』のコメディパートは軽妙で大胆なボケと豊富な語彙を伴った突っ込みの応酬で笑いを誘いつつ、同時に連作四コマとして一話全体を通したストーリー進行もきっちり描かれる完成度の高さがあり、ゆえに原作のノリを踏襲した真っ当な二次創作のハードルは中々高いように思われます。それを踏まえた上でこの「恋愛ラ本」、原作のノリを上手く再現していてとても楽しい。マキの恋愛妄想に淡々と突っ込むリコという構図が中心ですが、お礼を言われて赤面するリコとか、こちらのツボを的確に抑えてくるので油断なりません。宮原作品の二次創作本は18禁を除いて全て購入して周るという、煩悩にまみれつつもストイックさを追求する(?)どうしようもない買い方をしていた私ですが、今回は完売や諸事情で頒布が無いなど思うように入手できませんでした。同人界隈では『恋愛ラボ』『河合荘』共に絶滅危惧種状態なので次回参加時には積極的に保護していきたいと思います。


P-DOT様「悲Ø伝」
個人的にすごく嬉しい西尾維新『伝説シリーズ』本です。挿絵が一切なく、登場人物の外見描写もほとんど見られないため、戯言シリーズばりに登場する数多のキャラクターの造型を脳内で創り上げる妄想力が求められます。なもんで妄想イラスト化というだけでも十分そそられる本作。女装した空々君が完全に『クビツリハイスクール』で、やはりいーちゃんに近い外見を想起するのは自分だけではなかった模様。地濃鑿がかわいい。冬コミではアンソロを出されるようで今から期待。絶対平和リーグの面々のイラスト化をぜひ拝みたく。

06様「AOHARU YOUTH」
タイトルSUPERCARか!というのはさておき、『宝石の国』本です。とにかく市川春子先生の絵柄が細部まで再現されていて本当にすごい。キャラの描き分けはある意味原作以上に丁寧になされていて、原作を読むにあたってのキャラクターのイメージを再構築できそうですね。スペースに伺った時描かれた方がおられなかったのが残念でした。基本ジャンル買いな自分ですが、このサークルさんはしばらく追いかけたいと思いました。ちなみに僕の推し宝石はユークレースちゃん!

五月雨斬り様「小森さんと乳性交」
今回唯一の『小森さんは断れない!』本、ありがとうございます・・・!身長同様に中学生離れした大きさのお胸は作中でも度々言及されているため、その一点のみに特化した本作は、好きな作品・キャラのエロは基本的に見たくないマンの自分でもすんなり受け入れることのできる素晴らしい乳性交でした。全て大谷くんの妄想という点も素晴らしい。小森さんと接するときの大谷くんは実際これぐらい悶々としてそうだし、していてほしい。クール先生の絵柄だとあまり意識しないけど、180cmもあるとこれぐらいの凄まじい身長差になるよね・・・という絵面で、凹凸カップルのビジュアル的な魅力も再認識できました。冬コミでも小森さん本を予定しているとのことなので、3巻の発売と合わせて楽しみにしております。

というわけで夏コミ備忘録でした。



DSC_0862-2.jpg
三日間の最大の収穫。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。